手作り指輪の作り方


1本のプラチナ、ゴールド、シルバーからシンプルな平打ちリングを作ります。 

その制作工程のポイントをご紹介します。

[1] 使用する金属材料

下2本がプラチナ地金。上2本は練習用シルバー地金です。

同じ銀色の金属ですが、色の違いで区別できます。

プラチナは銀のほぼ倍の重さなので、持ってみてもすぐわかります。

[2] 文字の刻印

アルファベット(大文字)と数字。

棒状の地金の状態で刻印します。

打ちたい文字が決まったら、一文字一文字手打ちします。


[3] 切り出し

リングサイズの長さに合わせて、糸のこで切り出しです。

わずか1mmが1号ですので丁寧に。

[4] 成型

糸のこの切り口が斜めですと、つなぎ目が合わないので、ヤスリで直角になるように削り出し。


[5] 曲げ

リングにします。

丸棒に巻きつけるように、木槌、プラスチックハンマー等で打っていきます。折れることはありません。

[6] 焼き鈍し

多くの金属は、曲げていくと硬くなります。

作業がしにくくなったら赤くなるまで焼くことで、また軟らかさが戻ります。


[7] 接合面をピッタリに

形は楕円でも大丈夫。

つなぎ目が綺麗に合っていることが大切です。

[8] ロウ付け(溶接)

プラチナは酸素バーナーで。18K、シルバーはエアバーナーでつなぎ目を接合します。


[9] 打ち出し

ロウ付けした指輪はまだ楕円。木槌、プラスチックハンマー等で真円に打ち出します。

[10] リングサイズ調整

リングサイズ(号数)に沿って作ってきましたが、最終チェックはご自身の指で。ジャストサイズに調整します。


[11] 研磨

リューター(研磨機)で、ご希望の仕上げまで磨いていきます。先端を荒いものから細かいものへ交換しながら繰り返し研磨。

[12] 完成

平打ちの結婚指輪が完成。仕上げはmen'sは艶消し、ladiesは鏡面仕上げにオプションの石留めを。