究極の鍛造制作コース

インゴットから作る手作り結婚指輪


プラチナ、ゴールドのインゴット(地金)を自分で鍛造!

プラチナ、ゴールドのインゴット(地金)を、お二人で結婚指輪の長さ、幅、厚さまで鍛造で作る、超こだわりの手作り結婚指輪です。

圧力を掛け延ばすことで、地金は硬く鍛えられ、結晶密度が高まり、さらに変形に強い金属となっていきます。

塊が指輪用の地金になるまで約2時間。まさに、金属と対話するような作業です。

リングのサイズまで延ばした地金から、ご希望のデザインの結婚指輪を手作りします。

通常、手作り結婚指輪の鍛造制作は、すでに決められた幅、厚さのプラチナ、ゴールドの棒が工房で用意されています。

作るお二人はご希望の幅の棒を選択し、リングに曲げて作っていきます。

 

「その棒も自分で作ってみたい!」という、超こだわりのお二人が現れて、このコースが誕生しました。

「1」から作るを超え、ほぼ「0」から作る鍛造制作です。

 

「この塊が結婚指輪になるなんて!」

「完成した指輪の元がこんな塊だったとは!」

 

【究極の鍛造制作】では、そんな金属の面白さ、不思議さも体験できます。

 

1年に数組いらっしゃるかどうかのレアな鍛造コースですが、鍛造にこだわってみたい方にオススメです。

【使用できる金属】

プラチナ950、プラチナ900、18KYG(イエローゴールド)、18KWG(ホワイトゴールド)。


ご予約は「結婚指輪オリジナルコース」よりお申し込み下さい。

指輪のサイズ、幅、厚さ、デザインから重さを計算するなど、事前打ち合わせを行い、制作は後日となります。

ご相談の場合は「結婚指輪無料相談」をご利用下さい。


forging

インゴット(地金)の鍛造

焼きなまし

指輪に必要な重さのインゴット(塊)を焼きます(焼きなまし)。

冷間鍛造

冷ましてから鎚で打ち延ばします。

圧延機

圧延機に通しさらに延ばします。


練習用シルバー

必要に応じて鎚で打ち成形します。

焼き、打ち延ばし、圧延を繰り返し、作りたい指輪の長さ、幅、厚さに。

指輪の地金完成!

幅2cmのインゴットを8cmまで鍛造。

密度の高い地金が約2時間で完成です。

ページトップのコンビリングが、この地金で完成した結婚指輪です。



ステアクラフト 鍛冶作業風景

金属の多くは、融点近くまで焼く(焼きなまし)と軟らかくなる性質があります。

鉄は日常の気温では硬いため、真っ赤に焼き「熱いうちに打つ」(熱間鍛造)です。

プラチナ、ゴールド、シルバー等は、冷ましてから延ばすことができます(冷間鍛造)。

結婚指輪は全て冷間鍛造ですので、安心して作業ができます。

 

(写真:ステアクラフト、鍛造の原点、鍛冶作業風景)


皆様に作って頂いた作品は、作品集他、instagram、facebook、ブログにも掲載しております。