手作り結婚指輪

鍛造(たんぞう)法とロストワックス法とは?


手作り結婚指輪含め、ジュエリー全般の作り方には、『鍛造法』と『ロストワックス法』があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

ステアクラフトは『鍛造(たんぞう)専門店』です。

 

現在、手作りで結婚指輪を作れる工房が増えてきました。

貴金属をそのまま加工して作る鍛造制作が少数、工具も少なく初心者でも扱いやすいワックス制作が多数です。

 

ご自分の指輪をどちらの技法で作りたいか、どれくらいの工程を自分で行えるか、で、選ぶ工房も変わります。

 

せっかくの手作り、2つの作り方をご紹介致しますので、悔いのない手作り結婚指輪、ジュエリー制作を楽しんで頂ければと思います。

【鍛造技法】

貴金属を直接制作

【ロストワックス技法】

ワックスを制作



【鍛造技法】

字の如く、金属を「鍛えて造る」方法です。

使用する貴金属地金は、高い圧力で延ばし硬く鍛えられ、結晶密度が高く、変形に強い金属です。

鍛造とは、その貴金属の地金(板)を、直接糸ノコで切り出し、延ばし、曲げたり削ったり打ち出したりして作っていく方法です。

密度の高い地金を曲げ変形させていくことで、さらに強度の高い金属となっていきます。

 

鍛造制作のメリットは、高い強靭性と耐久性。

各工程を完成まで希望や好みを確かめながら作れるので、作る人それぞれの風合いが生まれます。

最終仕上げまで全ての工程を完成まで手作りできるので、達成感、愛着が強く感じられること。

作った日に完成しますので、そのままお持ち帰りもできます。

デメリットは、硬い金属のため、ロストワックス技法に比べ、複雑な形が作りにくいこと。

 

シンプルなデザインで、できるだけ自分の手で完成まで手作りしたい。

「ずっと着け続ける指輪だから、細めでも丈夫な指輪が作りたい。」というご希望の方に向いています。

 

ステアクラフトでは、プラチナ、ゴールドを溶解し、金槌での打ち延ばしとバーナーでの焼きを繰り返し、鍛造ならではの密度の高い強靭な地金を作り結婚指輪を作っていきます。

見た目はシンプルなデザインも、中身は長年の使用にも耐える歪みにくい強さで結婚指輪を支えています。

凝ったデザインも、曲げ、ひねり、削り、コンビなど、強い地金でしっかり様々な加工を支えます。

1.地金

2.刻印、曲げ加工

3.リング状に

4.ロウ付け(溶接)

5.削り出し

6.成形

7.研磨

8.完成!

8.完成!


このような工程(デザインによって変わります)を経て、結婚指輪が出来上がっていきます。

より詳しく知りたい方は、無料相談もご利用下さい。


【ロストワックス技法】

貴金属ではなく、硬めのロウソクのようなワックスで指輪の原型を作ります。

その原型を筒状の鉄枠で覆い、石膏を流し入れて固めます。

高温で熱するとワックス原型は溶け、石膏内に指輪型の空洞ができます。

その空洞にプラチナ、ゴールド、シルバーなど指定の貴金属を溶かして流し込めば、空洞が貴金属で満たされ指輪が完成。

いわゆる鋳造法(ちゅうぞう)です。

「ワックスが溶けてなくなる方法」なので、「ロストワックス法」と呼ばれています。

大量生産が可能なので、市販品の多くはこの技法で作られています。

 

メリットは、作る素材がロウソクに近い感覚なので、加工しやすいこと。

デメリットは、鍛造に比べ強度が多少低く変形しやすいこと、鋳造作業を外注するため完成まで1ヶ月〜2ヶ月前後掛かること。

またワックスは軟らかく折れやすいため、繊細な作業が必要(シンプルなものでも仕上げ等は工房のサポートが必要)。

ワックス制作以降の、「鋳造、刻印、仕上げ作業等」は、お店に任せるので、全てをご自身では作れないこと。

 

「細かい部分や仕上げ、専門的な部分は工房に任せて、手軽な感覚で手作りしたい。」

「鍛造ではできない複雑なデザインにしたい。」というご希望の方に向いています。

1.指輪用ワックス

2.削り作業

3.原型を完成

4.ゴムの台に立てて

5.鉄のリングで覆い

6.石膏を流し込む

7.ワックスが燃えて無くなるまで焼く

8.空洞に溶かした金属を流し込み

9.石膏を破壊すると指輪が現れます

10.不要な金属を削り落し

11.研磨

12.完成!


工程<1><2><3>までがご自身の作業です。

 

<4>以降はほぼ工房側での作業となります。

<11>の研磨から完成までは、ご自身でできる工房もあります。